インフルエンザの贈り物

2009.01.13 Tuesday 15:10
年末から年始にかけて、風邪をひいてました〜

熱は人生最高
39度6分
平熱が低いので、この数字に参ってしまいました、、。

ついでに喉の奥にもウィルスが入ったみたいで、病院に行ってきました。
治療のさい、スタジオジブリに出てきそうな(釜じい的な)先生は痛がる私に
「あなたのためじゃなくて、小さい子供たちにもね、うつってしまうかもしれないでしょ」
とおっしゃり、自分のためには我慢できない私も、その小さな子供たちを目に浮かべながら
涙目を閉じ、受けました。
釜じいは笑って「はい、よくがんばった!」
と申すので、子供って私のことだったのでは、、なんて思いながら
すぐの痛みの柔和に感動、、釜じいに感謝をし帰宅しました。


もう回復したので大丈夫ですが、要注意に変わりなく
ご飯を作りに来てくれて励ましてくれた家族や、病院を探し、手助けしてくれた友人の為にも
すぐ風邪なんてひけないから(笑)元気でいなければいけません
健康の幸せ、、声が出る安心、、


インフルエンザの贈り物という奇妙な名前をつけて、、ここに保存。
日常のできごと | - | -