ツアー最終日!〜花詞〜 東京グローブ座

2009.05.12 Tuesday 14:48
090510-1

円形の客席に包まれるような、シックな劇場のステージは
思っていたよりずっと、居心地のいい空間でした。
2日間。
グローブ座の神様に見守られながら、私は少し不思議な気持ちで
声の行く先と、飲み込まれる天井の高さを感じながら、歌っていました。

東京は昨年の国際フォーラムから、グローブ座と、
聴いてくれている人たちが心地よく、
包まれるというような場所に立つことが
私自身もうれしく、また磨きをかけなければ、、と思うのです。

090510-2

今回からバンドのメンバーが替わり、また新しく出会えたことに感謝です。
「バッテリー」という映画がありました。
孤独で独断なピッチャーと、ナインが見渡せるキャッチャー。
私はピッチャーが好きで、理由は、「見えないものを信じる」力を必要
とするポジションだから。
バンドには背を向け立つ私は、ピッチャーと同じ。

見なくても、音の中で自由になり、心地よくなり、
初めて私はここにいるのだと思いました。

090510-3

五十嵐さん、ブー兄、石井さん、かつみさん!そして黒田さんありがとう
スタッフ、そして関係者のみなさま、なんばHatch、ボトムライン、
東京グローブ座
ありがとう!

そしてファンのみんな ありがとうございました。
日常のできごと | - | -