甑島2

2007.01.22 Monday 17:11
島に着くと、私をライブに呼んでくれた又木さんという方が車で迎えに来てくれて、何人かの役場の人も来てくれて、いよいよ実感とともに、私がしなくてはいけないことを想いました。役場に挨拶に行き、明日はよろしくお願いします!と気合いを告げ、その後、手打診療所へ連れて行ってもらいました。瀬戸上先生のいるところです。私はこの時、初めて瀬戸上先生にお会いしましたが、本当に忘れられない言葉をいただきました。「しんきろう」は島の歌だと言ってもらい、今後も、甑島のことを多くの人に知ってもらえるような歌を目指してつくってくださいと、私自身についても励ましをいただきました。先生は、わらじを履いていて、笑顔のやさしい方でした。しかし、厳しい現実をたくさん見て来た、深いしわも顔にはしっかり刻み込まれていました。明日のライブ頑張ってくださいと声をかけてもらい、瀬戸上先生が私の「しんきろう」を聴いている姿を想像し、思いました。

 その夜、市民会館(公民館)で、島のかたが、私たちの歓迎会をしてくれました。瀬戸上先生自ら、提案してくださったそうです。一年前にお世話になった、看護婦の有本さんは、ほんとによかったね…と母の様に喜んでくれ、手料理をふるまってくれました。まさかこんな風に迎えてもらえるなんて思ってもみなかったので、何十人もの方が集まり、お料理をつくってくださり、子供たちも来てくれて、本当に私は幸せ者でした。挨拶と、感謝の気持ちを込めて、吉俣さんが置いてあったピアノを弾いてくれるというので、生の声で「しんきろう」を私はその場で歌いました。私にできること、それは今「しんきろう」を、瀬戸上先生と、歓迎会を開いてくれたみなに、誰よりも伝えることです。この時ほど、私は人に歌を、言葉を、私の気持ちを伝えたいと思ったことはありませんでした。

 カメラがまわっているのも気にならず、体から熱いものがわき上がるようでした。おいしいお料理とみなさんの笑顔で、私は明日、どんなライブにしようか、心決めて、ひとりで島にやってきた一年前の事を思い出しながら、東京ではありえないほど早い時間に、眠りにつきました。
日常のできごと | comments (1) | trackbacks (0)

Comments

TestName | 2008/03/26 06:45 AM
new.txt;1;7

Comment Form

icons:

Trackbacks