「韓国へ」その10  リポーター熊木

2006.04.23 Sunday 19:14
 動物園を抜け出して、いよいよ私は寝よう!というところまでやってきました。
 部屋に戻ると、まぁキムチな匂い。そうそう、スリッパ左右違うね!これぞ私の部屋であるような気すらする。ふふ…。
 なんだかちょっとハイになってきた私は、ベルサイユ風のドレッサーの前で自分を眺める。ここは韓国…。あぁ日本に帰りたい…。ハイじゃないじゃん…。静まりかえった部屋。私はどうも清潔にうるさいらしい…。韓国に来てからの自分を振り返ってみると多々見られた傾向であるな。そんなことを思いながらも、洋服などもいっさい床には置けず、本来なら心を休めるはずのベットにさえも、不信感をつのらせ、転校生のように心を許せないで荷物の整理をしながら、あと何日韓国だっけ…と考えました。あと3日くらいかな…くらいってどういうことやねん…。
 落ち着かないので何かをしようとして、はっとする。テレビがあるじゃん…。家でもテレビの前だけではアホ面になる私。(ほんとはいつもそう見られているかもしれないけど?)プチっとテレビをつける。うん。そうだそうだ。アニョハセヨ〜!テレビだって急に日本語は話せないよ。はぁ。韓国語の意味なんて、英語よりわからん。しかしこうして言葉を抜きにして絵だけ見ていると、なにも日本と変わらないですね。車のCMもドリカムじゃないだけで、おしゃれだし、シャンプーのCMのお姉さんは美人だし。おかしい気がしてしまうのは、このカンウォンドに、そういう片鱗が一ミリもないからなだけで、世の中はそう変わらないのかもしれないよ。ふ。語るね。今日の私。
 そうだ、今日ここに来る途中、町はもう寂れきっていたにもかかわらず、とある一軒に、スカパーのアンテナのようなものがついていたのを私は見た!お金持ちの家なのかな!電気はきてるんだ…。携帯電話は普及してるのかな…などと、えらく失礼なことを山ほど思ってしまった町なので、そこでいわゆる電子器具のアンテナは意外だったわけです。
 そんなこんなで、持参したジャージを着て、まるでベットに潜む魔物のようにジィーーーっとしながら、テレビを眺める。しばらくすると、韓国語がだんだん金属音のような気がしてきたのです。眠気をどんどん削いでいきながら、それでいて、不快感を感じさせる、お昼も夜も関係なさそうなテンションで、刺激する。だめだ…。ベット魔物のまま発狂しそう。 
 いよいよ韓国語フィーバーに耐えられなくなったので、チャンネルを変えてみた。CNNだ。これだ。もはや韓国がだめならアメリカだ。(若干誤解を生む表現だなと認識あり)ああ。だけど、なんて耳にやさしいエ、イ、ゴ。日本にいたら間違いなく見ないのに、今はとっても好きだよCNN。なんとか眠れそうさ。
 そうして韓国で英語を聞きながら魔物は肩を凝らせながら眠ったそうな…。
リポーター熊木 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks