「韓国へ」その7  リポーター熊木

2006.03.27 Monday 16:33
 おなかがすいているので、食堂にうかれていきたい気持ちでしたが、本当私は辛いものが食べられないので、韓国に来てから、いたる場所で食事にやられっぱなしでした。なにを頼んでもキムチ。キムチ。キッ、、ムチ!さりげなく、もれなくついてくるキムチ。冷麺の中にも。みそ汁かと思って飲んだら劇的に辛かったことも。ふふ…。 
 足取りは、やや重く一階に降りるともうみんな集まっていました。小あがりの別室の長方形の木製テーブル二つを私たち一行で占領。テーブルの上にはでっかい皿にお肉が並び、てかてかしていました。焼き肉用のホットプレート。ほほう焼き肉ね。プザンでも焼き肉だったし、よかった…。と見るとキムチ。そうそうキムチ。よっこらせと私も座り、よくよくなにが並んでいるのかをチェック。中学の理科の実験で使うような、なんのへんてつもない真っ白なプラスチックの小皿に、子供がままごとしてるような、なにかの葉っぱをつけ込んだようなもの。串にささった小魚のようなもの。うずらの卵の煮付け風なもの。韓国のり。焼き肉以外食べられそうにない、食欲を誘ってくれない見た目!日本はお皿から色見、盛りつけなど、見事なんだなぁと思い、いただきます!
 社長持ち込みの焼酎で乾杯し、さっそく焼き肉を焼く。社長が、『熊木、これは体にいいから食べてみろ』と言って勧めてくれたのは、高麗人参のキムチ。私が『辛いものがだめなので…』と言うと、わざわざ水で少し洗い、辛いのをとってくれました。いいのに…。そんなにしてまでこの高麗人参というのは体にいいのか…と思い、社長の気持ちも有難かったので食べてみる。毛みたいなのがひらひら生えてる…。やだよ。かりり…。おお辛くない!体もよくなりそうでうっへっへ…。焼き肉は、もうタレがつけ込んであって、みょ〜に甘いのでした。韓国では犬も食べると聞いていましたが、こちらが頼まない限り無断では出てこないはず…。なくなるとホテルの人がはさみでジョキジョキお肉を切りにやってきて、私の食欲を削いでいきました。なんで韓国は、お肉も冷麺もはさみで切るんでしょう。工作の時間じゃないんだからしまっておこうよ…。日本でもお肉をはさみで切るところがあるけれど、違和感を感じます。けれど唯一、私が気に入ったのは、ごはんをよそってある器が、鉄なところです!しかも蓋つき。持つとあたたかい!この胸のどきどきは一体なんでしょう。そして鉄のおはし。楽しいな。ちょっとむだに蓋を開けて閉める。あったか〜いな。 

 さて、さんざん焼き肉(のみ)を食べ、満腹になったころ、ホテルに泊まっているらしき、韓国の団体様がやってきて、わいわいしていました。ショッキングピンクのジャージを着たお母さん。畑仕事をしてきたようなおじさん。近くで運動会があって、同じチームにでもなっているんですかとつっこみたくなるようなオレンジ色でジャージを揃えているおばさん集団。しばらくお腹をならしていたら、突如社長が私に『熊木、あの人たちのなかの誰かとお前一緒に歌ってこい』え?!そうなの…?。
リポーター熊木 | - | -