「韓国へ」その12  リポーター熊木

2006.05.23 Tuesday 11:36
 そうこうして撮影は日暮れには終わり、本日の宿はソウルなり!ソ、ウ、ル!韓国に来て、もうどれくらいの時が経ったのでしょう…。長かった…。
 韓国と言えばソウル。果物と言えば梨!野球と言ったらイチロー!くらい私にとってのど真ん中になかなかたどり着けず、色んな意味で鬱憤たまりまくりのこの日々に!日々に!グッバイ、、、、、『おつかれさまでした!』でみんな帰りのお支度開始。さぁ私も着替えよう。いそいそとバスに乗り込み、運転手さんに着替えますぅ(お色気)うっそーん!とまぁ声をかけカーテンをシャ!っと引き、隠れながらに着替え開始!あたしゃグラビアアイドルかい。ツッコミながら、若干の無理を感じる自分。しかしカーテンまで、なにか遠い昔の思い出キムチ。プーンと匂う。服の袖に腕を通しながら、ちらりと見た窓の向こうには、砂の山カンウォンド。さぁバスはいよいよソウルに向かいます。
 とりあえず今日の撮影が終わったと言うことで、これまで山下達郎さんを敬遠してきた人も心よくソレを受け入れ、ここへ来てようやく山下達郎さんイイ歌つくるなぁ〜などと感嘆している気配。なにがあっても関係なかったいつもの様に楽しげな社長の気配。バスも順調に進み、ずいぶん経った頃、外の景色が山並みから街並に変わり、そこからはどんどんビルが見えたり、車の量が増え、カンウォンドというおそろしく何もなかった場所から来た私は、おのぼりさんにでもなったように、ソウルに感激していました。
 川を挟んで向こう側、蜃気楼のように浮かぶ高層ビルは、一瞬手におえなさそうに見えて私の胸はドキドキしていました。おのぼりさんじゃん!いいじゃん!そしてソウル市内に到着。ホテルに着きそうな頃に社長が
『熊木!明日歌う場所通るから見ておけ』と言うので、私は身を乗り出して外を見る。渋谷のミニチュア版109かな。そんな感じのデパート。その前に作られた特設ステージ。明日は私はあそこで歌うのか。
 薄暗くなった街を人がさっそうと入り乱れ歩き、大通り沿いだというのに、反対側には露天が並び、湯気をたてた食べ物たち。ここは本当に不思議なところだ…。誰があんな排気ガス真っ只中で食事できんねん!とりあえずソウルに来ても一人不平を言う私。ホテルはすぐ近くで、韓国ありがとう!事務所のみなさん、社長ありがとう!と言うこれまでの経緯を踏まえて最高にきれいで広い部屋でした。都会っていい!と思うキラキラしたネオン。ソウル。
 この街で明日、私は初めての海外ライブに挑む…。
リポーター熊木 | - | -