太陽感

2008.02.22 Friday 10:19
朝日の時間に目が覚めた。
部屋の物たちもまだ起きたてで、私なんかもまだ自分が人間であることを意識できていない
その時間。
不思議な連帯感はやってきて、私は部屋の中で、ある部分に過ぎなくて、
太陽はキラキラと本や椅子やギターをなぞり、同じように私という腕から胸、肩、すべてをたどり降り注いでくれて、その渓谷はもう、無差別に色んなものを繋いで
きっとその上を散歩できたら、「イッツ ア スモールワールド」なんかを口ずさんじゃったり
するんだろう。
朝日に包まれて私はそんな、のんきなことを歌って
オブジェのようにデディール化した自分の、思考と体を、
今!だれか写真に収めてくれ!と思うのでありました。
- | - | -