漂流の咲く

2008.03.04 Tuesday 01:54
日々がフィルムなら
私の心はスクリーンでしょうか

そこにある、現る、素晴らしくあたたかな哀し気で、不可解で、飲んだくれな(笑)
いくつもの一瞬の二瞬は
時々、誰かに、本当に無償に
知ってもらいたくて
ああ私は、なんて何もない平面に立つ
命の形をした立体なんだろうか

メイクを落として、お風呂に入って、今日を思って
ひとり笑いして、それでも幸せだななんて湯飲みから預かって

そうして、そうしながら
みずから率先して
生きようとしているのだなと
おもしろく思うことがある。

どこにも根っこのない
「心」という いかにもどこにも属さない
旅人を一人さずかっていて
 
実態の全体が 日々を不安に
感じないわけはなくて

当然に思え
そして同時に、だから
「帰る場所」がほしいのかもしれない

この地上で一番好きな人が「帰る場所」かもしれない
肩書きの上かもれない
やりがいを感じる仕事 かもしれない


私は漂流
日々をつくる一瞬に流れ

でも人間というワークだから
胸に来たなんらかな
贈り物のような
平面に映る景色の名前を
編み出したいと
焦燥され
こうして「歌」って 皆さんに
聴いてもらえて その答えを行き来でき。

ありがとう。

それで、だから最近は かなしいんじゃないのがいい

大きさのない 白い和紙に どんな色でもいいから神様から選ばせてもらって
選んだ絵の具を
わくわくしながら 空の上の上の天から 一滴たらしてみたいの 
日常のできごと | - | -