はじめまして『はなよりほかに』

2009.11.30 Monday 10:02
人を好きになるなんて
何かを無くすことだと思っていたのに
思いのほか、そこに答えはあるんだね

不思議

探していた自分が
そこらじゅうにいるんだから

中学生の時みたいに
友だちと語り合うの

不思議

恋愛感ってその人を知るには
イチバンかもしれない


花よりほかに知る人はいない
自分だけの気持ちって
もしかしてみんな知ってるんじゃない?

今度こそバレバレだけど
バレバレくらい、さらけ出せたほうが
なんだか自分も人も愛せそうじゃない?

6th_album
作品について | - | -

『ひとヒナタ』ちゃん

2009.11.25 Wednesday 09:37
やっと追いついた!
言葉の形、メロディの流れ
そして手応え
コンサートでも同年代の人たちが来てくれるようになった

ここまで来た!っていうより、ここから始まりたかったって
そんなことを思う
それほど夢みた場所だったかもしれない
胸がいっぱいになるほど多くの人たちに出会えて
ひとつ ひとつ 歌になる度に 温かい気持ちになった
あたりまえの言葉や、気持ち、、と言ってしまえば
そうだけど、「伝えたい気持ち」に出会えた
その『伝える』っていうことは独りでは生まれない
どの歌を作ったときにも、人を想った
痛みも喜びも、感じて当たり前なんだよね
映画「ペイ・フォワード」じゃないけど
次の人に渡そう

人が日向で『ひとヒナタ』 ね!

5th.jpg
作品について | - | -

ありがとう

2009.11.25 Wednesday 08:18
浜松、そして名古屋にてのライブが終わり
私の今年のツアー
今までのどのライブよりたのしくて 
生きていることを感じられました。

091123-1

音楽の中で

0911232

人が奏でる
体温

涙で歌えなくなってしまった私を
支えてくれてありがとう

最終日、名古屋ダイアモンドホールのスタンディングオベーション
驚きに感動で、、、
言葉にできません

091123-3

091123-4


大事なスタッフのみんな!

091123-5

ライブの始まる前の私
こんな顔

091123-6

また来てね!!
日常のできごと | - | -

Re:『私は私をあとにして』

2009.11.20 Friday 09:31
今までと全く違う心の機能で生まれた「春の風」
人の詩にメロディを乗せ、歌い方を変えた「新しい私になって」

初めて映画やCMに歌が使われて嬉しかった
気持ちの上昇は去り行く自分との決別をくれた
そして歌に新しい息吹を与えてくれた

自分を信じられるようになったから良かったんだよ
でも客観的な目で自分を見るようにもなった
それはいい事なのか分からないと思った

ひとことで例えるならグレーだと思っていたけれど違った
なぜだろう?ごめん その時の私のせいだ

芯のある、凛とした歌姿が今は見える
もしかしたら一番色褪せないかもね
心を映すんじゃなくて、何かを人に
与えることができる力を持っているから
きっと これからも

4th.jpg
作品について | - | -

はじめて

2009.11.19 Thursday 23:00
091119-6


初めて人前で、自分の歌を歌った日
初めて緊張を感じた日


初めて、ライブは怖いものだと感じた日

091119-7


初めて、気持ちが届いた日
初めて、人を包んであげられる声と歌を持ちたいと思った日

初めて、泣きそうになって歌った日


初めてお客さんが声をかけてくれた日


091119-8


初めて、音楽で繋がれたような気がした日


初めてはきっとこれからも私に訪れてくれる

091119-9

ありがとう

(東京国際フォーラムCにて)
日常のできごと | - | -

大阪&東京の余韻

2009.11.17 Tuesday 15:56
なんばHatch、国際フォーラムでのライブ
ありがとうござうました。

私にとって記憶に残る、日々です。

音の中に自分がいる
目の前にはみなさんがいる

いつも歌いながら新しい自分にも
出会えます。

091117-1

091117-2

大阪、FM802の加藤姉さん(笑)FM大阪の珠久さん、FM大阪の高崎さん

091117-3

なんばHatchの最後!
みんな私の弾き語りの時には、ステージ横から
見守ってくれています(涙)

091117-4

歌 声 想 人 心 集 息 音 哀 孤 愛 光 包

浮かんでは消え、消えては浮かぶあらゆる気持ち
日常のできごと | - | -

拝啓『風の中の行進』さま

2009.11.16 Monday 09:14
お元気ですか?と訪ねるとそのまま
今の私に向かって帰ってくる風のようだ

そして今も行進してる?って君は聞いてきそうだね
だって進みたかったんだもんね
実感として、自分はちゃんと生きていて前に進んでいるんだって
煙をかき分けて

自分を信じて戦っている人たちを見て
そうなりたいって思ったね
歌で自分を引っ張って行こう!と思ったね
君は私と、そして誰かの希望になってもらいたかった
必死に前を見る
泣きそうな時も前を見る 
視野は少し社会に広がって、人と出会うことで
自分が変われることを知って
歌は自然と顔を上げていったよね
すごいことだなぁ
君を想うと、今でも、立ち上がり歩くときの
勇ましく静かな、風を感じる

3rd.jpg
作品について | - | -

誕生日

2009.11.13 Friday 03:27
大阪・読売テレビの生ワイド番組「かんさい情報ネット ten!」の中で
「めばえ」というコーナーがあります!
その日生まれた赤ちゃんの映像が流れるという温か〜い時間。
そこに私の「誕生日」を使って頂いています!
ある講演会で中島信也監督と偶然隣に座ったディレクターさんが、監督から私の歌を紹介され、
歌声を聴いてピッタリ!(●^ー^●)と感じてくださったそうです。
めばえに「誕生日」というまさに幸せなコラボ!

昨日は、生放送でそのコーナーに出演させて頂き、本日生まれた赤ちゃんとご家族の映像を見ながら誕生日を歌ってきました!

20091113-1
アナウンサーの清水健さんと!

20091113-2
そして起用して頂いた橋野ディレクターさんと赤嶺ディレクターさん。

「誕生日」イコール「命のめばえ」。
この歌に、これ以上ない最高の瞬間を出会わせて頂き幸せでした。
ありがとうございます。
皆が、誕生を幸せなことだと思って生きてゆけたらいいなぁ。

今日はなんばHatchでライブです。
日常のできごと | - | -

To『無から出た錆』

2009.11.11 Wednesday 10:01
ひとり暮らしを始めて、外の世界に触れた時の音楽だ。
心もとない歌声はさざ波のよう。
地に足を付けて歩きたかったけど、過去の思い出に体ごと
持っていかれたように、空をさまよい、くじけていた日々の証。
そんな自分を楽しんでいた感じもあるね。
きっと「今」もいつか思い出になると分かっていたから
何が自分を苦しめるのかを歌った。
自分として歩いた第一歩目は灰色だったんだ。
鈍色の固まりのような心で人を観察して
自分も観察して出来た歌たちだから、手厳しいことを
詩にしているけれど、正直だったね。今そう思う。
内面が言葉になって、言葉が内面になっていくのを感じた。
本当にまるまる自分だった、生活の中から溢れた歌たち。懐かしいなぁ。

img315_kumakianri_mukaradetasabi.jpg
作品について | - | -

はなよりほかに

2009.11.11 Wednesday 01:38
ありがとうございます!
アルバム「はなよりほかに」が発売になりました!

聴いて頂いていますか〜!
まだの方、ライブもあるので是非来てくださいね

黒田さんのギターは、語るように歌える。
091110-1

091110-2

今回は「しっとり」かなぁ。
ちょっと泣きそうになるので困るんです。
お客さんが泣いているんだもん

うれしいんだよ
うれしくて幸せで、それなのに涙が出そうになることもあるんだよ

091110-3

そして今日はNACK5へ〜
この目つきの悪いウサギ(笑)
その後は流山おおたかの森でbay-FMに〜!
もうクリスマスなんかの飾りが。
そんな季節だなぁ〜

「はなよりほかに」のジャケットのヘアメイクを
担当して頂きました尾花けい子さんと〜
今日、午前中は雑誌の取材だったのでお願いしました!
あぁやっぱり違うよ〜
顔が変わるし、気持ちもあがるので尾花さんのメイクは
女度がUP〜〜!

091110-4

ちなみに髪を切ったのです!
栗みたいとか、お菓子みたいだって(笑)
日常のできごと | - | -